医療施設No1

日本の高度医療を支える全国の総合病院、中でも患者満足度国内No1を誇る亀田メディカルセンター、数千人の医療スタッフが、24時間、365日絶え間なく活動しています。

◇ニュース◇
亀田総合病院・亀田クリニック様が、日本初のJCI(Joint Commission International)認証を取得 されました!
詳しくはこちら
横浜市立大学市民総合医療センターは、救急医療及び高度専門医療を通じて、地域社会に貢献するだけでなく、大学病院として良質な医療人の育成にも努めている。

教育・研究施設No1

東京大学生産技術研究所は,今年60周年を迎え職員、院生は1千名を擁する組織です,生産に関する技術的諸問題の科学的総合研究ならびに研究成果の実用化試験を目的として地球規模の活動をしている、研究成果の漏洩防止には万全の対策をとっています。
東京工業大学大学院情報理工は、情報科学情報工学の分野を中核に据え,人間および社会に関する諸問題を,情報とその処理の観点から解決する手法の体系づくりを学として行い,それに基づく教育によって有為な人材を社会に送り出しています。
◇ニュース◇
大阪教育大付属池田小学校が、安全な教育環境づくりに取り組む学校を対象にした世界保健機関(WHO)の「インターナショナルセーフスクール(ISS)」に、国内で初めて選ばれました。
・産経 関西
http://www.sankei-kansai.com/2010/03/05/20100305-021229.php

重要施設 No1

高度I情報化社会を支えるIT技術、中核をなすのは、全国のインテリジェントデータセンターや国公立の重要施設、一般の人には縁が無いように思えるこれら施設は、実は身近で重要な施設、これらに障害が発生すると、金融も交通も止まり、社会に与える影響は計り知れません。

ハイテクで高度な入退管理システムが必要な政府の重要施設、ここでもハンズフリー方式が採用されました。

オフィスビル・テナント No1

2007年にオープンした東京ミッドタウン、世界の一流企業が名を連ねるこのビルでも、インテリジェント・アクセスコントロールが使われています。
総資産2兆円を超える世界の一流企業は、セキュリティも一流、警備会社や国内メーカーに依存しない、グローバルスタンダードを採用、日本もいつかは世界標準に